札幌 FPまりりん マネーバランスセミナー情報

資産運用

お金が増える人、増えない人・リーマンショックから10年

更新日:

札幌のFPまりりんのマネーバランスルームへようこそ。

2018年9月15日でリーマンショックから10年が経ちました。
リーマンショックとは、2008年に起きた世界的な金融危機のことですが、リーマンショックと呼ぶのは日本だけです。
単にリーマンだけの問題ではなかったので、世界金融危機の方が全体を捉えた呼び方だと思います。

私が札幌でFPとして開業したのが2008年6月
6~7月までに7世帯の相談を開始し
9~10月に更に7世帯の相談を開始しましたが(年間相談で顧問制)
家計改善の手段の1つである「運用効率を上げる=資産運用をする」ことについてのアドバイスは、ちょうど2008年10月くらいからでした。

あれよあれよという間に、どの資産クラスも価格が大幅下落して
私が購入していた投資信託は2009年2月までに60%下落しました。
厳密にいうと2007年秋から下落が始まってはいましたが、2008年9月からの下落の勢いがすごかったです!!!

ラッキーなことに私のお客様たちは、価格が下落したところから投資を開始することができました。
相場の変動がかなりあったので、投資してからも大きく下落したりという時もありました・・・・・が
結局は、かなり安いところで大きな金額を投資できたということで、かなりの投資効果が得られました。

この10年で最も投資効果が出ている方は、10年での投資効果が3200万となりました。(2018年9月現在)
他にも2000~2500万円くらいの投資効果が出ている方が何人もいらっしゃって
1000万円以上の効果が出ている方なら、もっと沢山いらっしゃいます。
更に、今記載した金額の他に、企業で導入された確定拠出年金を積極運用して効果を上げた方が多いです。
マッチング拠出やiDeCoを活用して税金の軽減をはかれた人もいらっしゃいます。

どうしてこんなに増えたのでしょうか?
それには色々な要因があります。

・下がり続ける相場はないので、景気回復によって価格が上昇してきた(世界経済、特に米国経済の回復)
・外国の株式や債券、リートなどの投資信託を購入していたことで、為替差益も得られている(まだ損益を確定はさせていない方が多いですが)ちょうど、リーマンショック以降の数年は円高が行き過ぎていたので、為替の面からも円では安く買えたのです。
・1000万円以上の効果が出ている方の投資元本は、やはりかなり多いです。いくらとは言いませんけれども。

このように、効果を出している人と、何もしていない、効果を出せない人に分かれます。
つまり・・・・

お金が増える人、増えない人の差がどんどんついていきます

資産運用をしたから増えたという単純な話しではなく

・資産運用ができる家計であった、もしくはそういう家計にチェンジした
(収支のバランスの良い家計・分相応な生き方ができる)
・家計管理とお金の勉強をしていたから、相場が下落し続ける中で大金を投資することができた
(原理原則を理解していないと、とても怖くて買えない相場でした)
・短期の価格変動に一喜一憂せず、家計に合わせての長期投資と考えて落ち着いていたこと
・貯めたお金があった、もしくは年間収支の中から毎年投資するお金を生み出した
(投資元本を作ることができなければ、投資効果も出せない)
・その後も継続してお金の勉強と家計管理をし続けたこと

などにより、何もしていない人と、資産形成しているお客様との間に大きな差が生まれたのです。

今日の話しは、「さぁ!資産運用をしましょう!」というお勧めではありません。

大切なのは、
「家計の収支のバランスを上手くとること」
「自分に合わせた手段を選択すること」
「そのための勉強を継続してしながら、実践すること」(売るのが目的のFPに相談しない)
「家計も投資も短期目線で見ないこと、老後までの長期間の中の今でしかないので、俯瞰するのが大事」
です。

お金が増える人、増えない人の違いはわかりましたか?

日本の経済環境、制度など、今も既に厳しさを感じていると思いますが
この先もっと厳しくなる要素ばかりです。

お子様がいらっしゃる方は、子供たちの未来を考えるためにも、自分の家計をしっかり経営していた方が良いですし
お子さんがいないとしても、日本の未来の経済を支えていく若者のために、一人一人が豊かになって税金を払える人であってほしいと思います。

お友達にも色んなことを伝えてほしいとは思いますが、
安易にiDeCoをした方が良いとか
資産運用を始めた方が良いといった手段を勧めないでくださいね。
収支のバランスの悪い方にとっては、とてもリスクが高いのです。
家計をしっかり経営することと、お金と経済についてを勉強する必要性を、伝えてあげてください。

さて、大きな差が出たといえば
最近の北海道の大地震の際に、慌てて買ったLEDライト。
これがなかったら、かなり不便でした。
置き型なので、料理や食事の際にも便利で
LEDなので、とても明るくて気分が暗くならずに済みました。
ないと、あるでは全然違いますね。

地震への備えは準備万端ではなかったので、
これも老後のリスクと同じように、しっかり備えないとダメだな~と痛感した出来事でした。
喉元すぎれば何とやら・・・ということがないようにしたいと思います。

LEDライト

 

 

 

 

札幌のファイナンシャルプランナーをお探しの方
お金と家計の相談なら、マネーバランスクリニック®にどうぞ。
私以外にもFPが二人います。

-資産運用

Copyright© FP札幌・お金と家計の相談室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.