札幌 FPまりりん マネーバランスセミナー情報

老後資金・リタイアメントプラン

本当に必要な老後資金はいくら?

更新日:

本当に必要な老後資金はいくらですか?

「高齢社会における資産形成・管理」通称「老後報告書」により、95歳までの30年間の老後を想定すると、生活費の取り崩しとして必要な金額が約2000万円だとの試算が示されました。

マネーバランスFPに相談している会員様の多くは、この金額について普通に受け流したか、「え?そんなに少ない金額?」と思ったことでしょう。

そもそも「本当に必要な老後資金はいくらでしょうか?」

rougoshikin

老後報告書による「2000万円」は一定の仮定に基づく1つの試算であって、老後に必要な額は個々の家計によって全く違うものであることは100も承知ですよね。

個々の家計によって必要な老後資金計算に違いが出るのは当たり前なのですが、具体的に差がつく条件をあげてみましょう。

・退職金(退職金がない会社員や個人事業主の方もいれば、退職金が3000万円出る方もいる)

・親族からの贈与や相続(両親や祖父母からの相続財産が数千万~数億円入る人もいる・日頃から生活資金を援助してもらえる方も)

・独身の時に貯めてあった資産を結婚してからも使わないでとってある(それが世帯で1000万円という方も)

・老齢年金の差(世帯で年間50~160万円という場合もあれば、世帯で年間500万円という場合もある)

そういった資産や、老齢年金から生まれる違いはかなり大きいです。
しかし老後の資産形成計画(ライフプランでもある)において最も重要な鍵となるのは支出ではないでしょうか?

その生き方にかかるお金の総額はどれくらい?

どんな暮らしをするのかという暮らしぶりによる年間支出の差は大きいです。
そして、暮らしぶりは自分次第で変えることができます。
(お金の使い方、金額に違いがあり、年間支出が200万円の世帯もあれば1000万円の世帯もある)

その中でも大きな差が生まれているのが

1.住宅資金(購入費や維持費の差)
2.教育資金(総額の差)
3.自動車購入費・維持費
4.レジャー費
5.自分たちのお小遣い(非公開のママ費に家計が圧迫されていたおうちも多い)
6.食費や外食費

などです。
何かに大きくかけすぎると、その他にかけるお金がなくなりかねませんから、優先順位を考えてバランス良く支出を考えるのはマネーバランス(を取ること)の重要課題ですね。
そして、「今」使いすぎると「将来」使うお金が足りなくなる可能性が高いということです。

結局のところ必要な老後資金とは?
●自分たちの望む暮らしぶり(収支)と
●持っている条件(退職金や年金、定年時に持っているであろう資産等)
から計算されます。

隣りの芝生は青く見えるだけ

色んな条件に差があったとしても、ほとんどの世帯で「老後生活費が年金だけでは不足するであろう」ことは同じ。
とすると「今」の収入を
①今使うお金
②将来使うお金
に振り分ける必要があることも同じです。

隣りの芝生が青く見えて羨ましがったとしても、自分の家計が良くなるわけではありません。

自分のライフプランをしっかり作成し
問題解決手段を様々考えては実行し続け
検証し、必要であれば修正し
経験を重ね、色んなことを乗り越えられる体力をつけながら
自分らしい生き方と幸せが得られますように、FPとしてお手伝いさせていただきます。

結局、ライフプランを作ってマネーバランスを整えていくことの一番の醍醐味は
よそのご家庭や、世の中の「平均」とは関係ない
自分(自分たち)にとって大切なこと(人やモノも)は何か?つきつめていくことなんだな~と感じています。
そして、それは自分(自分たち)が創ることなんだということも。

老後資金はもちろん十分準備したいですし大切なテーマですが
それ以上に大切な「どう生きるか」ということを楽しんで考えながら行動していきたいと思います。
皆様とご一緒に・・・です。

 

 

~余談コーナー~

個人的には、一度健康を害してしまったことで健康オタクを極めているところなので、私のお客様には漏れなく「健康オタクFPからの健康的指導」がついております( *´艸`)

・化学物質について(洗剤・柔軟剤の身体への影響と、使っても良い洗剤等)
・電磁波について(電磁波の害と避ける方法、アーシング)
・食用油について(トランス脂肪酸の害や使って良い油)
・水素の健康への効果と簡単な導入方法
・身体に負担をかけないデトックス方法
・玄米食について(安全で子供でも食べやすい炊き方)
・お風呂の入り方について(これ、結構奥が深いです。教育的指導あり♪)
・塩素や農薬除去について
・生活習慣病では病院に行かないこと、薬を飲まないこと、その理由
・冷えの改善方法と、してはいけないこと(低体温改善方法)
・便秘の人に教育的指導(笑)
・脱ペットフード(手作りごはんにする)
など。

最初はピンとこなかった方も、効果が出て大変喜んでいらっしゃいます。
なんといっても柔軟剤をやめた皆様からは非常に感謝されておりますよ。
お金があっても、健康を害して日常が辛くては楽しむことが難しいです。(わたしは)
人生100年時代は、今まで以上に「健康でいる」ことが重要なテーマになっていますね。

-老後資金・リタイアメントプラン

Copyright© FP札幌・お金と家計の相談室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.