札幌 FPまりりん マネーバランスセミナー情報

家計管理

10連休明けの残高不足にご注意!

投稿日:

今年のゴールデンウィークは4月27日から10連休‼
旅行やキャンプ、遠出などのイベントを楽しみにしている方もいることでしょう。
もちろん10連休ではない方もいらっしゃると思いますが、銀行(店舗)は10連休でございます。
そのことで、ちょっと気を付けなければいけないことがあります。

2019GW生命保険やその他生活費の銀行引きとしが「27日」の設定のものって結構多いんですよね。27日が休日の場合は翌営業日に引落しとなります。翌営業日が、なんと5月7日なんですよ。こんなことって、私の記憶では初めてです。
マネーバランス会員の皆様は、口座管理をしっかりしているので何の問題もないとは思いますが・・・・・・
新しいお客様の為に、念のためお伝えさせてくださいね。

 

 

 

銀行窓口10連休に備える4つのポイント

① 引き落し用の銀行口座の残高を多めにしておくこと!
4月後半~5月前半までの引き落としをしっかりチェックして預金残高を充分な金額にしておきましょう。

② 3月の保険料が残高不足などで引落しできなかった方は要注意です!
3月の保険料が未払いの方は翌月2か月分の引き落としとなります。が!本来なら4月27日に2か月分の保険料の引き落としがされるハズだったものが5月7日にズレます。他の引き落としと重なって、残高不足で引落しできなかった場合には失効してしまいます。(効力がなくなる)通常月なら27日に残高不足で落ちなかった場合月末までに振り込むことが可能ですが、4月については不可能です。
※希に、前営業日に引き落しをする会社があるかもしれませんのでご確認ください。

対策1.しっかり家計管理
対策2.保険料こそクレジットカード払いにしておく(今年のGWには間に合いませんが)

③ 窓口での振り込みは4月24日までにすべし!
4月中に振り込みが必要な支払いは、4月24日(木)までに支払っておくと安心。
金融機関の窓口は25日、26日ともに混雑が予想されることと、26日は振り込みが集中して当日着金できないかもしれません。
コンビニ振込やネットバンクからの振り込みは混みませんが、着金のことを考えると早めの振り込みが安心です。
※24日は給料日前だからお金がなくて振込できない・・・・・なんてことがあるとしたら、その状態から脱するためのFPへの相談をしっかりしてくださいね。

④ 現金を下ろしておこう!
GW中にある程度の現金が必要な場合は、先に下ろしておきましょう。
災害等で一時的にクレジットカードや電子マネー等が使えない時があり得ますので(札幌では昨年経験)手元に少し現金をおいておきたいですね。GW中もATMは使えるのですが、10連休の影響で現金が足りなくなって一時休止になるATMが出るかも?と言われています。少額なら大丈夫かとは思いますが、下ろしておくにこしたことはないですね。
特に休日ということで時間外手数料を取る銀行もあるので、自分の銀行がそうであればなおのことです。
もちろん、多額の現金が必要になる方は事前に下ろしておきましょう。

①② については、オススメの簡単な方法があります。
それはコチラ!!

引き落し用口座の活用法

★引き落としをできるだけ一つの口座に集中させて、2~3か月分の引き落とし用のお金を入れておくこと★

例えば毎月30万円の引き落としがあるという方なら、いつもその口座には100万円を入れておくようにすると良いです。3か月分の引き落としをまなかえる金額を常に保っておけば、
メリット1.緊急で入院したり、遠方に住む両親が倒れて駆け付けたりと、銀行に行けないような事態があっても安心です。
メリット2.毎月給料日前後に「引き落し分を計算して、引き落とし口座に移動」しなくても大丈夫になります。計算をしなくても「約100万円」の残高になるように気にかけておけば良いのですから。

引き落し口座の集約は、今からやっても今年のGWには間に合いませんが、今後の為にも是非オススメです。

★引き落しができなかった時の為の「定期預金」は解約すること★
私が実際に多く目にしてきたのが、総合口座と呼ばれる一般的な預金口座において普通預金に加えて定期預金を10万円くらいお持ちの方たち・・・・(1つの通帳で普通預金と定期預金を持つことができて、普通預金の残高が足りなくなったら定期預金を担保として自動的に不足分のお金が借りられる便利な??機能付の口座)
そもそも、普通預金の残高が足りなくなるようなことが問題ですし、定期預金を10万円持っていても増えないですし、定期預金からお金を借りたらムダな利息が発生します。ただ単に、普通預金の残高を多くしておけばいいだけなのに~~~~。
そのためだけの定期預金なら解約しましょう。管理しやすい仕組み作りをすることが大事です。たった10万円の入った口座が「1つ」あることが、お邪魔ですね。

※3か月分もの引き落とし用のお金を保っておくことができない?
だとしたら、それは・・・「支出が多すぎる」か、「今の生活に対して収入が不足している」ことが予測されます。同じように思えるかもしれませんが、似て非なる原因です。
まずは、そのことを解消するように考え・実践しましょう。

 

緊急予備資金の準備をしましょう!

そもそも、「緊急予備資金」として生活費の3~6か月分必要とも、1年分必要とも言われています。ですから、引き落とし用として3か月分が用意できていないとしたら、そのこと自体に危機感を持っていただきたいです。40代以上でそのような状態(緊急予備資金がない)だとしたら危険度大。でも諦めないで家計と向き合ってくださいね。
引き落し用口座に緊急予備資金をおいておくと便利です。

①給与が入る口座=引き落とし口座の方
②引き落としがメインの口座

どちらも、残高(引き落とし用 兼 緊急予備資金)を一定に保っておくとわかりやすいですよ。金額は自分の基準なので200万円でも300万円でも良いです。

ライフプランと勘案して、5年以内の資金繰りが大丈夫になる手元資金(緊急予備資金含む)があれば、その他の資産は活用対象として検討できます。
(あくまで基本的なことであり、ケースバイケース)

 

さて、今日は2019年のゴールデンウィーク、銀行10連休に備えての4つのポイントにからめて
●引き落とし口座の活用方法
●緊急予備資金を十分準備すること
を、お伝えしました。

4つのポイントより、その2つの話しに目が釘付けになった方もいたでしょうか?
私のお客様は大丈夫です!!!
相談を始めたばかりのお客様はまだこれからですが、大丈夫になることでしょう。
そうなるかどうかは、お一人お一人の覚悟と実践です。
そんなの無理~~~と嘆かずに、家計と向き合っていきましょうね。

 

札幌ではGW明けの5月19日(日)に家計と向き合う講座をご用意しております!!

10:00~12:00
「ゆとりが生まれる家計運営のノウハウと財産づくり」~実践すると違いが分かるお金のいろは~

13:30~15:30
「資産管理講座」~これからの世界経済を見据えた資産運用~
(コチラはマネーバランス会員様限定です)

詳細とお申込みはコチラからどうぞ。
https://fukuentai.com/seminar/

皆様のお越しをお待ちしておりますよ~~!!

-家計管理

Copyright© FP札幌・お金と家計の相談室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.