札幌 FPまりりん マネーバランスセミナー情報

変化に対応 家計管理

キャッシュレス化でお金が無限に使える?

こんにちは。札幌のお金と家計の相談家・ファイナンシャルプランナー・FPまりりんのHPへようこそ。

キャッシュレス化が進む中、お金を実際に見ない・触らないことが増えています。
昭和の時代なら、お母さんと一緒に買い物に行った子供たちがお金を目にし、使ったら減るということも理解できていましたが、今はどうでしょう?

クレジットカードや電子マネーなどを「うちでの小づち」のように無限に使えるように思うお子さんが多いようです。
その感覚のまま大人になっていく子もいると思います。
実際に、その錯覚が起きている大人がいるのですから。

手元のお金が減って、あといくら使えるのかがわかった昭和の時代なら、入ってきたお金以上に使うということはなかったでしょう。
今は入ってきたお金以上に使えてしまう時代です。

キャッシュレス決済にはメリットも沢山ありますが、お金の管理ができない・していない方にとってはデメリットも多くあります。

キャッシュレス化のデメリット

・収入以上に使っても気づきにくい。
・キャッシュレスは使った日と支払い日にズレがあるため、管理しずらい。
・チャージ式(電子マネー等)は残高がなくなったらチャージして使うの繰り返し、これも無限に使える感覚になりがち。しかも残高があるので管理が複雑になる。
・リボ払いの案内が何度も何度も届いて、よくわからず高金利のリボ払いにしてしまう人がいる(お金の知識のない人をカモにした支払い方法だ)
・クレジットカードを何枚も持っている、それ以外に電子マネーやバーコード決済も利用していて、現金払いだけだった時と比べると流れが複雑になっている。

現金決済の時代よりも、お金の管理が大切な時代になりました。

ただただ必要なものと欲しいものを買っていて
使いすぎていることに気付いていない方が多いと思います。

生活費が足りなくてカード払いを積み重ねて、キャッシングやリボ払いなどでカード会社への負債が300万円になった!
というような話しも増えています。

 

 

 

 

 

 

お金の管理と整理

・預金口座やクレジットカードなどを自分の管理できる数にする(多い人は減らす)
・預金口座は用途をできるだけ揃える(色んな口座で引き落としの設定をせず1つにまとめるなど)
・家計管理しやすいように工夫した使い方をする(例えば、食費だけのクレジットカードを作ることや、事業をしている人は家計と事業のカードを別にする、交通カードは交通費にしか使わないなど)
・お金を使う際の優先順位をあらためて考える

現金決済時代よりも、個人個人の使い方に合わせた管理が必要になっています。
収支のバランス確認や未来予測(ライフプラン作成)をすることも、ますます重要になっていますね。

家計管理や家計決算を続けた方が80代90代になった時に「お金と向き合って良かった」と思えることを願って、これからもお客様のサポートをしていきます。

 

FPまりりん

札幌のファイナンシャルプランナー・お金と家計の相談家「FPまりりん」です。 2008年にファイナンシャルプランナーとして開業し、個人のご家庭のマネードクターとして家計と資産形成のサポートをしています。FP Faith代表(お金と家計の相談家)/マネーバランスFP/CFP®/1級FP技能士

-変化に対応, 家計管理

© 2022 FP札幌・お金と家計の相談室 Powered by AFFINGER5