札幌 FPまりりん マネーバランスセミナー情報

資産運用

ビットコインは安全資産なのか?

こんにちは。札幌のFP(ファイナンシャプランナー)お金と家計の相談家・FPまりりんです。

すっかり寒くなりまして、私の住む札幌では多くの人が冬タイヤに交換をするシーズン到来です。
先日初雪が降り、今日は夜中に激しいあられが降りました。
(霰(あられ)は、雲から降る直径5mm未満の氷粒のこと)
北海道でのコロナウイルス感染拡大が報道されているため、北海道外の友人たちから「大丈夫?気を付けてね~」という連絡を沢山いただきました。
私の周囲では、あまり生活に影響はなく過ごせております!
検査を受ける人が増えたので、無症状の人の感染が判明しているケースが多いようにも思います。
医療機関や飲食店の方はかなり大変だと思いますし、不安になっている方も多いかもしれませんから、これ以上拡大しないことを願っています。

さて、みなさんの今一番の関心ごとは何ですか?
私が今一番気になっているのは米大統領が本当にこれで決定したのか?ということで、
その次に気になっているのが、ビットコイン価格の急上昇です。

10月1日に114万円だった価格が、11月8日現在で157万円になっています。
大統領選の投票のタイミングで急上昇し、11月5日からの上昇率だけでも10%超え。
3年前の仮想通貨バブル期の水準まで高騰しています。(最高値は当時のレートで216万円)

なぜ気になっているかというと、いろんなニュースを見ていて

ビットコインが「安全資産」として世界的に値上がり傾向

だということが言われていたからです。
今までも何回か耳にはしてはいたのですが、いよいよ値上がりしてきたことと、その理由を聞いて「ついに安全資産になったのか!!」(安全資産として捉える人が増えた)と思ったからです。

※安全資産=安全・安定 というわけではないのでご注意ください。

色んなニュースを見ていて私が受け取った内容としては
今年の2月中旬以降、安全資産として世界的に値上がり傾向で、今月は大統領選にからむ値動きがだいぶあるとのことでした。
①大統領選の混乱、政治が混乱し通貨が下落するかもしれないため→安全資産の購入
②バイデン氏が大統領になった場合、経済支援が進む、債務膨張・量的緩和が続く、インフレ圧力、基軸通貨ドルの価値が下がるという見方による→安全資産の購入

安全資産としての価値は、暗号資産の中でもビットコインが際立っているとのこと。
以前はITに詳しい方やマニアの投資対象だったが今年の春以降は完全に景色が変わったようです。
米国では企業や年金基金がファンドに組み込んでいることを複数の上場企業が開示しており、金と同様に資産ポートフォリオの1つとして保有しているとのこと。
これは驚きました。
今はリスク回避の中で買われているということは本当のようです。

●投機ではなく投資対象として買われている
●資産保全の為に買われている

暗号通貨の中でも特にビットコインだけが価格上昇しており
暗号通貨3000銘柄の中で、ビットコインのシェアが時価総額35%くらいまで落ちている時もあったが、今は65%まで上昇しているとのことです。
他の暗号通貨は相対的にシェアが減り、価格も下がっているものが多いようです。

そして安全資産、インフレ資産としてはこれからも買われるだろうという見方が多いようです。
3年前は過剰投機でしたが、今は資産としてビットコインを持っておこうという需要が生まれ、ヘッジファンドも数百億単位で組み込んでいるそうです。
投機のイメージが強すぎましたが、一度覚えた知識はブラッシュアップが必要ですね~~!!

気になったニュースが2つ。
デジタル決済企業のスクウェア(Square)が10月7日、4709個のビットコインを総額5000万ドル(約53億円)で購入しました。(これは総資産の1%程度とのこと)
3Q決算では、ビットコインの売上が10億ドルを突破したとのこと。
(前期である第2四半期からおよそ1.9倍の伸び、前年同期比ではおよそ11倍の販売額)
わたくし「SQ(スクエア)」を円換算で20万円くらい保有しているのですが、11月6日はSQの株価が13%上昇していました!
米決済大手のペイパル(PayPal)が10月21日に暗号通貨のサービスを開始すると発表した後、ビットコインは8%も上昇しました。

というように、基本的には需要に押されて値上がりしているので
・そこまで大きな値下がりはしない可能性
・イベントによって上昇しているとすると変動が大きくなる可能性

の両方があります。

これを踏まえて私はどうするかというと、ビットコインは買いません。
安全資産の側面が強くなったとはいえ急騰するものは急落も起きやすいですし、口座開設や管理が面倒だと感じるのと、税金の扱いが一般的ではないので自分がわかっていても、私が死んだあとに家族がわからなくて苦労しそうと思っている為、今のところ買うことはありません。

資産にかなり余裕のある人が資産保全のために数%保有するくらいでしたら、安全資産と考えるに相応しいような気がしました。
これだけ価格変動が大きいものを持って心穏やかに過ごすとしたら、確実に家計に影響のないお金、長期間使わないお金じゃないとダメですね。
富裕層ではなく、私たち勤労世帯にとって投資以上に大切なのが「収支のバランス」です。いつもお忘れなく~~。
※投資は自己責任で行いましょう。

皆様、季節の変わり目の体調不良にご注意くださいませ。

ビットコイン

 

 

 

 

 

 

 

 

FPまりりん

札幌のファイナンシャルプランナー・お金と家計の相談家「FPまりりん」です。 2008年にファイナンシャルプランナーとして開業し、個人のご家庭のマネードクターとして家計と資産形成のサポートをしています。FP Faith代表(お金と家計の相談家)/マネーバランスFP/CFP®/1級FP技能士

-資産運用

© 2020 FP札幌・お金と家計の相談室 Powered by AFFINGER5